service 事業内容

臨床検査

病気やけが等はもちろん、健診などを通して、
人々の健康づくりのお役に立ちたいと願い、
臨床検査に取り組んでいます。

臨床検査について

医療において必要不可欠となった臨床検査は、医学の発展とともに、検査法や分析機器の技術革新により長足の進歩を遂げてまいりました。第一岸本臨床検査センターの基幹事業である臨床検査事業においては、単に検査結果を報告することのみに止まらず、予防医学・個別化医療の時代に向けたナビゲーターとして、ヒト遺伝子検査、治験研究検査、医療IT、食品衛生・環境検査という分野にも対応しています。そして、お客様からの多様なニーズに応えることができる企業、地域社会に根差し環境にも配慮する企業として、一層のサービス向上に努めています。

生化学的検査

血液中の糖質、蛋白質、電解質、酵素などを調べ、肝機能、腎機能、糖、脂質代謝など臓器の異常を把握します。

血液学的検査

赤血球・血色素から貧血の状を、白血球の数・分類から炎症の程度などを把握します。

免疫血清学的検査

抗原抗体反応などで免疫機能の状態を調べ、細菌やウイルスの感染状況、免疫状態を把握します。

微生物学的検査

病気の原因となる細菌などの微生物の検出、使用する抗菌剤の効果を把握します。

一般検査

尿・便などの成分を調べて腎臓や肝臓、消化管の異常を検出したり、状態をチェックします。

輸血・臓器移植関連検査

輸血のための血液型検査や交差適合検査、臓器移植のための臓器適合検査があります。

病理学的検査

臓器や組織の一部、細胞を顕微鏡によって観察し、悪性細胞など有無、鑑別を行います。

遺伝子関連検査

個々の遺伝子を解析することにより、病気やその発症リスク、治療薬の選択や効果予測などを判定します。

細胞性免疫・染色体検査

細胞を分析する検査です。細胞性免疫検査は、白血病やリンパ腫疾患の病態把握を可能とし、染色体検査は腫瘍細胞の異常検出と先天性疾患の解析を行います。

検査機器について

検体前処理システム(自動分注装置)

検体バーコードシステムによる依頼情報に沿って、検体の供給から開栓・分注・仕分けまで自動化した検査前処理システムです。
・自動開栓によるコンタミネーションの防止、子分注容器の自動供給およびバーコード発行により、検体取り違いを防止します。

生化学自動分析装置

シングルマルチ分析ブロックを多重連結することにより、高速大量処理とダウン対策を同時に実現した生化学自動分析装置です。
・前工程である検体前処理システムで分注された検体の生化学検査の自動分析を行います。

総合血液分析システム

検体の搬送から血球分析・標本作製まで完全自動化した総合血液分析システムです。
・多項目自動血球分析装置の測定データをもとに、POSTIVE判定された検体を自動的にピックアップし、塗抹標本作製装置により血液標本を作成します。
・IDバーコードにより、検体を一括管理します。(検体の取り違え防止)
・分析能力の一層の高度化により、NRBC混入検体の白血球測定の信頼性を向上、大型血小板等の混入検体にも正確な測定データを提供します。

細菌同定・薬剤感受性自動測定装置

検体から発育した菌種の菌名同定、薬剤感受性試験を同時に測定する全自動細菌検査システムです。
・細菌検査専用バーコードより、検体及び菌種の一括管理をしています。
・CLSI基準に基づいた同定、感受性(微量液体希釈法に基づく薬剤感受性測定)により正確で精度の高い検査データを提供します。

免疫・血清測定装置

腫瘍関連・感染症関連・甲状腺関連等の免疫学的検査部門においては、化学発光免疫測定法(CLIA法)・化学発光酵素免疫測定法(CLEIA法)を用いた高精密度と汎用性を兼ね備えた測定装置を採用しております。
・従来のIRMA法やEIA法と比較して幅広い測定範囲と高感度に測定が可能です。

遺伝子検査自動測定装置

充実した遺伝子検査項目を簡単な操作で測定可能なフルオートメーション化されたシステムです。
遺伝子検査システムの次世代機として、必要な工程が簡略化されたオペレーションにより、多数の遺伝子検査項目を検査できる統合されたリアルタイムPCR検査が可能です。

service list事業一覧